末信中小企業診断士事務所/認定経営革新等支援機関|資金繰り・経営改善・銀行対応・融資|【兵庫県/神戸・明石】

資金繰り・経営改善・借入の相談所

中小零細企業・個人事業主・創業開業を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立して事業を始めたい…
・手続きや法律に関する相談をしたい…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせは

ご依頼入力フォーム

借りやすい順番は、①政策金融公庫②信用保証協会付き融資③プロパー融資

2019/03/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
末信 公平
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

融資を受けるときは先を見越して決める

融資を受ける際、何を基準に決めていますか?

金利が安いからですか?金融機関の店舗が近いからですか?担当者が熱心だからですか?

運転資金や設備投資、創業など、融資を受けたい場合が出てきます。

その際、相手の言われるがままに応じるのではなく、借り手側も少し知識を入れておくと後々助かることがあります。

 

一番融資を受けやすいのは政策金融公庫だけれども、経営者なら先の事も考える

高利貸しやビジネスローンなどを除いて、一番融資を受けやすいのは政策金融公庫です。

特に小規模事業者(小売業・サービス業なら従業員5名以下、製造業20名以下)にとっては、最も借りやすい存在です。

創業融資でも、一番融資を受けやすいです。

 

ですが、一番借りやすいからと言って全額を政策金融公庫に借りるのは得策ではありません。

お金を借りる順番は、一番借りにくいところから借りていくのも一つの戦略です。

 

その理由は、

「事業がうまくいかなくなった時に、借りやすい金融機関を残しておいて当座をしのぐため」

です。

事業が見込み通りに推移してくれれば問題ないですが、経営とは想定外の連続とも言えます。

そんな時に保険として一番借りやすい金融機関の枠を確保しておくことは、経営のリスクヘッジにつながります。

 

もちろん、経営状態が悪くなって日本政策公庫にお金を借りようと思っても、すんなりと貸してくれる保証はありません。

しかし、日本政策金融公庫がダメと言えば、他の金融機関でも断られる可能性は非常に高いです。

ですので、日本政策金融公庫に断られないように、小規模な会社や個人事業主は少し取引を続けて信用を積み重ねておく必要もあります。

 

信用保証協会付き融資から普通ははじまる

次に貸してくれやすいのは、信用保証協会付きの融資になります。

一般的には聞きなれないですが、信用保証協会とは公的な機関で、事業者の信用保証をする金融機関です。

信用保証協会は、信用保証協会法(昭和28年8月10日法律第196号)に基づき、中小企業・小規模事業者の金融円滑化のために設立された公的機関です。
事業を営んでいる方が金融機関から事業資金を調達される際、信用保証協会は「信用保証」を通じて、資金調達をサポートします。
47都道府県と4市(横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市)にあり、各地域に密着した業務を行っています。

(一般社団法人 全国信用保証協会連合会 HPより)

簡単に言えば、

お金を払って(保証料)保証人となってもらう

ことです。

 

金融機関が信用保証協会を付けるとお金を貸してくれやすくなるのは、

借主が返済できなくなった場合に信用保証協会がお金を立て替えて金融機関にお金を返す(代位弁済)

からです。

 

金融機関にとっては貸し倒れリスクが減り貸しやすくなるので、信用保証協会を付けたがります。

現在は、代位弁済してくれる金額は融資残高の80%となっています。

なので金融機関にとっては自前で融資(プロパー融資)をするより、信用保証協会をつけて20%のリスクだけを負って貸す方が簡単だし安全なので、信用保証協会を付けたがります。

業績の良い会社の場合は信用保証協会をつけることも無いですが、一般的にははじめて取引を開始するなどの場合、リスクを取りたくない金融機関の特性として信用保証協会付き融資を提案してきます。

 

この、信用保証協会に過度に依存した融資を20年ほど続けてきたため、金融機関側が企業の目利き力が落ちる等、様々な弊害が出てきていると言われています。金融庁は弊害の是正に向けて取り組んでいますが、そんなにすぐに金融機関側の能力が上がるわけでもなく、現時点では信用保証協会付きの融資が多い状態です。

 

この場合も借り手側からすれば、借りやすい信用保証協会付き融資から借りる優先順位は下がります。

信用保証協会は、不動産担保もなく、企業の信用や社長の代表者保証だけでは借りれない場合において本来は活用すべきものとなります。

借り手側も、ダメもとでもプロパー融資を受けることはできないのか?を打診してみることをお勧めします。

金融庁の方針に従って、事業性評価融資の実績を作りたい金融機関もあります。

いつも取引をしているメイン行が、業績も良いのに相変わらず信用保証協会付き融資しか提案しないようであれば、他の金融機関を探してみることも良いでしょう。

 

自社の融資を受けれる余力を考慮する

いったいどれだけの融資を受けることができるのか?という問いに対しては、様々な要因が絡み合うので、「ズバリ○○円です!」とは言えません。

 

業績が伸びているのか?減っているのか?

これまでの融資残高はどれだけなのか?

毎月返済できる金額はいくらなのか?

担保はあるのか?

資金用途は設備投資なのか運転資金なのか?

今後の経営はどうなるのか?

計画書はあるのか?

資金繰り表や財務諸表など、税理士に任せっきりにならず自社で作成できる能力があるのか?

社長(経営者)の資質はどうなのか?

金融機関との関係性は?

といった、自社に関する項目。

 

金融機関の支店のランク(有力店なのか)は高いのか?

金融機関の本部の方針(リスク志向か安全志向か)は?

支店長の能力(本部に掛け合える能力)は?

担当者の能力(上司を説得できる能力)は?

など、金融機関側に関する能力。

 

このような項目が複雑に絡み合い、金融機関側がどの項目を重視してくるのかはその地域地域によって異なります。

このように、タイミングや双方の能力が絡み合って決まります。

なので事業を継続させるため、

借りやすいところから借りるのではなく、将来の事を考えると借りにくいところから資金は調達できないかを考える

ことが必要となるのです。

 

ただざっくり、どれくらい借りれるか?の一つの目安として

「お金を10年以内で返せる範囲かどうか」

は言えます。

 

まとめ

どこから借りても同じお金であれば、先を見越して借りるという事も一つの経営です。

同じ借りるという行為であれば、「最も自社にとって有利になるのはどこから借りるのか?」を考えることも必要です。

目先の金利だけにとらわれるのは少々もったいないと考えます。

お問合せ・ご相談はこちら

 

The following two tabs change content below.
末信 公平

末信 公平

中小企業診断士/認定経営革新等支援機関/ファイナンシャルプランニング技能士2級中小企業庁委託事業ミラサポ専門家登録/神戸商工会議所外部専門家登録/公益財団法人ひょうご産業活性化センター経営専門家登録/公益財団法人兵庫県勤労福祉協会ひょうご仕事と生活センター外部相談員登録/兵庫県中小企業診断士協会・大阪中小企業診断士会会員/ NPO法人ファザーリング・ジャパン関西会員
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

中小零細企業・個人事業主・創業希望の方を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい…
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立したいけどやり方がわからない…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

経営コンサルタント唯一の国家資格である中小企業診断士であり、国が認めた認定経営革新等支援機関である当事務所がサポートいたします。

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
末信 公平
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

Copyright© 資金繰り・経営改善・借入の相談所 , 2018 All Rights Reserved.