末信中小企業診断士事務所/認定経営革新等支援機関|資金繰り・経営改善・銀行対応・融資|【兵庫県/神戸・明石】

資金繰り・経営改善・借入の相談所

中小零細企業・個人事業主・創業開業を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立して事業を始めたい…
・手続きや法律に関する相談をしたい…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせは

ご依頼入力フォーム

なぜ自分は起業や独立を選ぶのかを考える

2017/12/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
末信 公平
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

なぜ起業や独立を選ぶのか

なぜ起業や独立をするのか。

その理由は人の数だけありますが、中小企業白書2017年版では、こんなきっかけで起業に関心を持ったと紹介しています。

  • 周囲の起業家・経営者の影響
  • 勤務先の先行き不安
  • 勤務先ではやりたいことができなかった
  • 働き口(収入)を得る必要があった
  • 時間的な余裕ができた
  • 家庭環境の変化(結婚・出産・介護等)
  • 周囲(家族・友人・取引先等)に勧められた
  • 事業化できるアイデアを思い付いた

などです。

もちろん関心を持ったからといって全員が起業しているわけではないですが、

「自分から自発的に起業や開業を考える人」と「周りの環境の変化のため企業や開業を考える人」の大きく二つに分けられます。

 

必ずしも、「世の中を変えてやろう」というベンチャースピリットだけではないのです。

 

働きながらでは難しいから起業や開業を考えた

時間の制約

現在勤めている人がわざわざリスクを背負って起業や開業を考えるのはなぜか。

ひとつに、時間的制約があると考えます。

 

出産や介護など、勤務しながらでは難しいような時間的制約がきっかけとなり起業や開業を考える人は最近増えています。

時間の制約がきっかけになりやすいのは女性です。

どの年代でも、女性が起業や独立に関心を持った理由の25%、4人に1人が家庭環境の変化によるものと答えています。

 

先行きの不安や収入を得るため

もうひとつの理由として、収入を得るためと答えた人は男女や年齢を問わず20%ものいました。

このまま勤務を続けていっても将来が明るく思えないので、起業や開業を考える。

 

実は私も、これが一つのきっかけでした。

何年たっても収入は増えず、むしろ賞与はカットされる、おまけに給与もカットされる。会社の業績は下がる一方。

次の会社を探すくらいなら、一度自分でリスクを負ってでも独立したほうが良いと考えるようになりました。

 

自分のやりたいことをする

とは言え、上記のような問題があっても多くの人は起業や独立を考えません。

リスクが高すぎると考えるからです。

では、なぜ起業や独立を考えるのか。

 

そこには、根っこの部分に「会社に勤めていても、自分のやりたいことができない」があります。

35~59歳の男性では25%の人が、勤務先ではやりたいことができなかったと答えています。34歳以下の男女も20%ほどの人が、そう答えています。

一度きりの人生だから、一回くらいはチャレンジをしようと考えることは、自然なことではないかと思います。

 

本当に今のままでは実現できないことなのか

時間的制約や将来の不安、またやりたいことをするため起業や独立を考えたならば、もう一歩進んで考えてみます。

 

それは、本当に今のままでは実現できないのか

 

特に、現在勤めているからできないと思っていた人にはもう一度よく考えてほしい部分です。

勤めている会社に前例がないから、周りの人には期待できないから、と言った理由で起業を考えるのは危険です。

 

起業は良くも悪くも自己責任になります。想定外のことが起きたら、なんとか自分が打破しないといけません。

それは、勤めている会社を変えるより困難なことかもしれません。

 

もしあなたが、現在勤め先に不満があり起業を考えているのならば、一度変えることができないのか全力で当たってみてほしいです。

起業をすると腹をくくったならば、大抵のことは怖くなくなります。

それでもやっぱり上手くいかなければ、さっぱりした気持ちで起業に望めばよいのです。

会社勤めの人が起業をするのは、「会社ではすべてやり切った」と思ってからで遅くありません。

 

まとめ

起業や独立の理由は人様々です。

しかし、アンケート調査からは一定の理由が浮かび上がっています。

多くの人は、ベンチャー起業家のような大それた理由で起業を考えるのではなく、身の回りの出来事をきっかけとなり考え始めています。

会社勤めの人が起業に踏み切るときは「会社ではすべてやり切った」と思ってから進むことをお勧めします。

The following two tabs change content below.
末信 公平

末信 公平

中小企業診断士/認定経営革新等支援機関/ファイナンシャルプランニング技能士2級中小企業庁委託事業ミラサポ専門家登録/神戸商工会議所外部専門家登録/公益財団法人ひょうご産業活性化センター経営専門家登録/公益財団法人兵庫県勤労福祉協会ひょうご仕事と生活センター外部相談員登録/兵庫県中小企業診断士協会・大阪中小企業診断士会会員/ NPO法人ファザーリング・ジャパン関西会員
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

中小零細企業・個人事業主・創業希望の方を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい…
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立したいけどやり方がわからない…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

経営コンサルタント唯一の国家資格である中小企業診断士であり、国が認めた認定経営革新等支援機関である当事務所がサポートいたします。

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
末信 公平
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

Copyright© 資金繰り・経営改善・借入の相談所 , 2017 All Rights Reserved.