末信中小企業診断士事務所/認定経営革新等支援機関|資金繰り・経営改善・銀行対応・融資|【兵庫県/神戸・明石】

資金繰り・経営改善・借入の相談所

中小零細企業・個人事業主・創業開業を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立して事業を始めたい…
・手続きや法律に関する相談をしたい…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせは

ご依頼入力フォーム

リスケ(返済猶予)は全ての銀行一律同条件

2019/03/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
末信 公平
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

一律同条件でお願いをする

リスケをお願いすると決めた段階で、必ず守るべきことがあります。

それは、条件を金融機関によって変えないこと。

融資取引のあるすべての金融機関に対して、条件を平等にして交渉することが必須となります。

リスケは最終的に、すべての金融機関の同意をもらうのが原則となります。

 

一律同条件とは

では、一律同条件とはどういうことでしょうか?

経営改善計画と資金繰りから、返済できる金額が算出されます。

その返済できる金額を、一定のルールで各行へ返済します。

主に使われるルールは、

「残高プロラタ」と呼ばれる、返済総額を金融機関別の債権残高割合で按分し、返済額を決定する方法。

「信用プロラタ」と呼ばれる、返済総額を金期間別の債権残高から担保による保全額を控除した金融機関別の非保全残高割合で按分して、返済額を決定する方法。

です。

詳しくは、別の機会に詳しくお話いたします。

 

交渉の順番はメイン銀行から

一律同条件をすべての金融機関に承認してもらう。

では、交渉はどの順番でもいいのでしょうか?

この時注意すべき点は、メイン銀行から交渉を行うこと、です。

メイン銀行とは、原則借入残高の多い順番です。メイン銀行から交渉を行うことが大原則となります。

これがサブ銀行から始めると、とんでもない事態を引き起こすかもしれません。

サブ銀行から話をしてメイン銀行へ行くと、メイン銀行は怒り出す可能性が高いです。昔ほどではないのでしょうが、企業を支えるのはメイン銀行の仕事という価値観はまだあります。たとえサブ銀行へ行っても、「メイン銀行の意向は?」と聞かれます。2番低下のサブ銀行は、メイン銀行の動向を見て判断を下すからです。

そういった意味でも、必ず交渉はメイン銀行から行うことが大原則となります。

ちなみに、ここまできて嘘をつくのは最悪の手です。嘘をついているのがバレれば、ただでさえ失った信頼関係がさらにマイナスとなり、リスケに応じてもらえなくなります。

 

誠心誠意、交渉をする

リスケをお願いしなければならない状態になって、嘘や隠し事は後々マイナスにしかなりません。

粉飾決算などをしていた場合は、正しく直し、誠意をもって交渉をする。

はじめは簡単にはいかないかもしれません。しかし、諦めずに交渉を重ねるしかありません。

この状況から逃げ出し、安易に高利のノンバンク等からお金を借りて目先の返済をしても、必ずや苦しくなります。

また、仕入れ先に支払いの延長などを申しだしては次の仕入れに困り、事業の継続が難しくなります。

あくまでも、銀行や信用金庫の金融機関に対して粘り強く交渉を重ね、リスケに応じてもらいます。

 

まとめ

せっかく計画を作成しても、一律同条件による返済や交渉の順番を間違えると、リスケの交渉自体がうまくいきません。

ひとつひとつ、リスケに向けて交渉を重ねていく。粘り強さが重要となります。

お問合せ・ご相談はこちら

 

The following two tabs change content below.
末信 公平

末信 公平

中小企業診断士/認定経営革新等支援機関/ファイナンシャルプランニング技能士2級中小企業庁委託事業ミラサポ専門家登録/神戸商工会議所外部専門家登録/公益財団法人ひょうご産業活性化センター経営専門家登録/公益財団法人兵庫県勤労福祉協会ひょうご仕事と生活センター外部相談員登録/兵庫県中小企業診断士協会・大阪中小企業診断士会会員/ NPO法人ファザーリング・ジャパン関西会員
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

中小零細企業・個人事業主・創業希望の方を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい…
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立したいけどやり方がわからない…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

経営コンサルタント唯一の国家資格である中小企業診断士であり、国が認めた認定経営革新等支援機関である当事務所がサポートいたします。

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
末信 公平
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

Copyright© 資金繰り・経営改善・借入の相談所 , 2017 All Rights Reserved.