末信中小企業診断士事務所/認定経営革新等支援機関|資金繰り・経営改善・銀行対応・融資|【兵庫県/神戸・明石】

資金繰り・経営改善・借入の相談所

中小零細企業・個人事業主・創業開業を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立して事業を始めたい…
・手続きや法律に関する相談をしたい…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせは

ご依頼入力フォーム

外国人雇用の注意点 ③<外国人を雇用する際のチェックポイント>

2018/10/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
鵤 直樹
行政書士/国民生活センター消費生活専門相談員/入国管理局申請取次行政書士/著作権相談員/心理カウンセラー(一般財団法人日本免疫カウンセリング協会)

前回は、ベトナム人留学生のAさんの就職活動をめぐる不幸なエピソードをご紹介させて頂きました。

X社としては、せっかく有能な人材を採用できたのに 他方、Aさんとしても夢であった日本での社会人生活が始まったところだったのに、お互いにちょっとしたポイントを外してしまったが故にあの様な結末となってしまいました。

それでは、X社やAさんは一体どうすればよかったのでしょうか?

 

外国人を雇用する際のチェックポイント

Aさん(外国人労働者)の視点から

Aさんは日本の大学で勉強するために「留学」という在留資格で入国していました。

一般的に留学生を受け入れている大学では、留学生に対するサポート体制が整っており、留学生が日本で生活するに当たって知っておくべきルールや手続きに関する情報提供等が行われています。そして、そのサポートの一環として、在留資格制度に関する説明も行われていることも多いようです。Aさんの大学でもそうでした。

また、来日して日本の大学で学び、更に日本企業へ就職を考えるような方ですと、在留資格制度に関して無知・無関心という訳にはいきません。

これらのことからすると、外国人留学生の方が日本人よりも在留資格制度を意識する機会が圧倒的に多く、この制度についての理解も一般の日本人より有しているのではないかと思われます。

従って、外国人の方が就職をする際には、雇用主さんの方へ自分の在留資格の種類(就労の可否)や採用後勤務開始までに在留資格の変更をする必要があればその旨をお伝え頂く必要があると思います。

ただ、Aさんに関しては、失念していたのかそれとも余り理解ができていなかったのか、X社の社長に何ら告げることなく勤務を開始してしまいました。

厳しいかもしれませんが、外国人が日本の会社に就職するという自覚が足らなかったと言わざるを得ません。

 

X社(雇用側)の視点から

外国人を雇用しようとする場合、面接を受けに来られるほとんどの外国人の方は「在留カード」というカードを持っていますので、ご自身の身(会社)を守るという観点からも、それを提示して頂いて以下の事項を確認する必要があります。

【在留カードサンプル(入国管理局ホームページより)】

 

①在留資格と就労の可否

その資格で就労ができるものと、就労ができないものがあるので注意を要します。

在留カード表面の在留資格の欄には、「就労制限の有無」という項目があります。

そこには、「就労不可」「就労制限なし」「在留資格に基づく就労活動のみ可」「指定書により指定された就労活動のみ可」(在留資格「特定活動」の場合)といった文言が記載

されており、一目で在留カード所持人の就労の可否が分かるようになっています。

1.就労可能に制限がない在留資格

永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者

2.在留資格で認められた範囲で就労な在留資格

人文知識・国際業務、技能、技術、教育、企業内転勤、特定活動 など計18種類

3.就労が不可能な在留資格

文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在

②在留期限

在留期限がいつまでかを確認します。

期限が迫っている場合、更新の予定に関して確認をする必要があります。

期限切れは論外です。

③資格外活動許可の有無

主に留学生が問題となります。既述のとおり、在留資格が「留学」の場合、原則として就労することは認められていません。

ただ、学費や生活費等の事情から、「資格外活動許可」を受けた留学生には週28時間の範囲(長期休暇の際には週40時間まで)で一定のアルバイトが認められています。

 

その後のX社とAさん

ところで、X社がAさんを雇用した事実について、X社に不法就労助長罪が適用され刑事罰が科されたのでしょうか。

結論から申し上げますと、X社は何らの刑事処分を受けることはありませんでした。

なぜそうなったのか、結局のところ理由は分かりません。ただ、X社は、Aさんが出国するまで、嘆願書等の提出をはじめとし、Aさんの処遇に関して入管当局と色々な折衝を行ってきました。もしかすると入管当局は、折衝を通じてX社・Aさん共に悪質性が無いと判断されたのではないかと私は思っています。

それから、Aさんがベトナムへ帰国してから1年位たった頃でしょうか、Aさんから私に「実は今、観光で日本に来ているんです。現在はベトナムのハノイで日本と関わる仕事をしています。」といった内容のメールが来ました。彼女がベトナムへ帰国する際の辛く寂しそうな表情が印象に残っていたので、そのメールを貰って何だか少し安心したのを覚えています。

The following two tabs change content below.
鵤 直樹

鵤 直樹

代表おうみふたば行政書士事務所
行政書士/国民生活センター消費生活専門相談員/入国管理局申請取次行政書士/著作権相談員/心理カウンセラー(一般財団法人日本免疫カウンセリング協会)

中小零細企業・個人事業主・創業希望の方を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい…
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立したいけどやり方がわからない…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

経営コンサルタント唯一の国家資格である中小企業診断士であり、国が認めた認定経営革新等支援機関である当事務所がサポートいたします。

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
鵤 直樹
行政書士/国民生活センター消費生活専門相談員/入国管理局申請取次行政書士/著作権相談員/心理カウンセラー(一般財団法人日本免疫カウンセリング協会)

Copyright© 資金繰り・経営改善・借入の相談所 , 2017 All Rights Reserved.