末信中小企業診断士事務所/認定経営革新等支援機関|資金繰り・経営改善・銀行対応・融資|【兵庫県/神戸・明石】

資金繰り・経営改善・借入の相談所

中小零細企業・個人事業主・創業開業を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立して事業を始めたい…
・手続きや法律に関する相談をしたい…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせは

ご依頼入力フォーム

なぜ簿記や会計が苦手な人が多い?その原因は思い込みと完璧主義

2019/03/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
末信 公平
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

簿記・会計・財務が苦手な人が多い3つの理由

「会計?財務?簿記?数字が苦手でよくわからないんだよ」
「頑張って簿記を覚えようとしたけど挫折したんです」
「専門用語が多くて何言ってるかわからなくなる・・・」

このような方は本当に多いです。一般の方のみならず、経営者の方にも苦手とされる方が多いです。

本屋に行くと、「初心者でもすぐわかる会計」や「決算書がスラスラ読める」といったようなタイトルの本が数多く出版されています。

しかも毎年毎年、新しい本が出版されているここからも、

「なんとかして決算書を読こなして、経営に役立てたい!!」
「会計ができなければ経営者失格って言われたから何とかしたい!!」

と、なんとか克服したいと考える人が大勢いることが読み取れます。

ではなぜ、多くの人にとって会計や財務、簿記と言ったことが苦手となるのでしょうか?

 

そもそも算数・数学が苦手といった意識

小学校の頃から算数が苦手。中学高校と進むにつれて数学が難しくなりついていけなくなった。

このような方は多いと思います。いわゆる「数字アレルギー」。こうなってしまっては脳が数字を見ただけで拒否してしまいます。数字を見ただけで拒否をしてしまうので、その後の計算をしようという気も失せてしまいますね。

私は学生のころから英語が苦手で「英語アレルギー」です。いまだに、学生の頃同級生にバカにされていたことが頭によぎります・・・頭が苦手と認識してしまったら、その先に進むのはつらくなるので、数字アレルギーの方の気持ちもよく理解できます。

わからない→苦手→やる気がなくなる→ますますわからない→数字を見るだけで嫌

といった負の連鎖により、トラウマとなってしまったことによるものです。

 

簿記を勉強してみたが、理解できずに苦手意識

経営や会社の仕事のために頑張って勉強してみたが、だんだんと専門用語や特殊ルール(貸倒引当金、在庫、減価償却費など)が出てきてわからなくなってきた。

簿記を勉強される方の多くは、簿記検定3級を受けてみようなど資格取得などで勉強されたかと思います。しかしながら、資格試験ですので当然ながら網羅的に覚える必要もあり、そのことで途中挫折を経験してしまい、苦手意識だけが残ってしまった方です。また、なんとか目的は達成したけど(試験に合格した、一通り理解はできるように何とかなった)、できるだけ避けたいという気持ちが残ってしまった方です。

ちなみに、中小企業診断士の方でも財務会計が苦手な方が多く、受験勉強中は本当に苦労したといった話をよく聞きます。試験は受かったけど、一度ついてしまった財務会計の苦手意識を克服するのは簡単なことではないようです。

 

経理や財務って、1円単位まで細かく合わせる人できなきゃダメでしょ?とう思い込み

「経理や財務ができる人は1円単位までこだわる細かな人」といった勝手なイメージと、自らの性格と比べてかけ離れていることにより、はじめから理解するのは難しい、とっつきにくいと考えている人。

こういった人は、はじめから自分にはできないと思って関与を避けがちです。

もちろん、簿記のルールでは財務諸表を作成するのに、貸借の誤差なく作成する必要があります。自ら財務諸表を作成して税務署に提出する人にとっては大きなハードルかもしれませんが、そういった作業をしてくれるのが、会社では経理部員であったり、個人事業主では外部委託している税理士の先生(会計事務所の事務員の方)だったりします。

上記のようなイメージを持ってしまうのは、会計や財務を「使う」のと「作成する」のでは別問題ということが認識されていない事が原因です。

経営者であったり、マネージャーや一般社員は、会計や財務を「使う」事ができればOKです。

 

まとめ

これまでお会いした経理や財務が苦手とされる方にお話を聞いた結果、多くの方は

  1. 学生時代の算数や数学の苦手意識
  2. 簿記を勉強したことによる苦手意識
  3. 細かな性格ではない自分には無理という思い込み

の理由で経理や財務を苦手とされています。

お問合せ・ご相談はこちら

 

The following two tabs change content below.
末信 公平

末信 公平

中小企業診断士/認定経営革新等支援機関/ファイナンシャルプランニング技能士2級中小企業庁委託事業ミラサポ専門家登録/神戸商工会議所外部専門家登録/公益財団法人ひょうご産業活性化センター経営専門家登録/公益財団法人兵庫県勤労福祉協会ひょうご仕事と生活センター外部相談員登録/兵庫県中小企業診断士協会・大阪中小企業診断士会会員/ NPO法人ファザーリング・ジャパン関西会員
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

中小零細企業・個人事業主・創業希望の方を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい…
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立したいけどやり方がわからない…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

経営コンサルタント唯一の国家資格である中小企業診断士であり、国が認めた認定経営革新等支援機関である当事務所がサポートいたします。

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
末信 公平
経理の専門学校卒業後に食品製造会社に入社。主要取引先の倒産、メインバンクの破綻等を経験。工場運営改善など行い、過去最高益への貢献を果たす。その後、洋菓子製造小売業を経てアパレル関連会社へ転職。業績悪化に伴い民事再生を経験。自身の経験を活かし、資金繰り改善を中心とした支援を行うため、中小企業診断士として独立。

Copyright© 資金繰り・経営改善・借入の相談所 , 2017 All Rights Reserved.