末信中小企業診断士事務所/認定経営革新等支援機関|資金繰り・経営改善・銀行対応・融資|【兵庫県/神戸・明石】

資金繰り・経営改善・借入の相談所

中小零細企業・個人事業主・創業開業を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立して事業を始めたい…
・手続きや法律に関する相談をしたい…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせは

ご依頼入力フォーム

外国人雇用の注意点 ①<外国人が入国する際のルール> 

2017/10/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
鵤 直樹
行政書士/国民生活センター消費生活専門相談員/入国管理局申請取次行政書士/著作権相談員/心理カウンセラー(一般財団法人日本免疫カウンセリング協会)

 

最近、仕事で京都へ行く事があったのですが、なんと京都駅構内・駅前は、そこにいる半数以上が外国人じゃありませんか(あくまでも私の主観ではありますが)。

それもそのはず、2015年の外国人宿泊客数は316万人!京都市の人口が147万人なので、日帰りの外国人観光客も含めると、京都駅周辺の半分以上が外国人だとしても不思議じゃないですね。

インバウンドブームとは知っていたものの、実際に目の当たりにする外国人の多さには圧倒されるものがありました。

 

外国人が入国する際の3つの要件

外国人が入国するには、原則として3つの要件があります。

①有効なパスポート(旅券)を持っている

②ビザ(査証)が交付されている

③在留資格の認定を受けている

の要件3つとも揃っていることが必要となります。

 

パスポート(旅券)

「パスポート(旅券)」とは世界で通用する身分証明書となります。

日本人が持つパスポートは、日本政府が発行する「日本国民ですよ」ということを証明してくれるものとなります。

ですので、外国の国に滞在するときは必ず携行する必要があるということです。

 

ビザ(査証)

「ビザ(査証)」というのは、外国人がもっているパスポート(旅券)が正式かつ有効な物であるという確認と、当人を入国させても日本国として支障が無いという事を内容とする証印(スタンプ・シール)で、出発前に海外にある日本大使館や領事館で取得する必要があります。

ここで、何度か海外旅行の経験がある方は、海外旅行の際にビザは必要なかったはずではとの疑問を持つかもしれません。

 

ビザ免除措置は67の国と地域

現在、日本国は世界67の国・地域に対して、ビザ免除措置を実施しています。(外務省 2014年12月時点)日本に来日する目的が、観光や商用、会議などの短期滞在の場合、ビザの取得が相互に免除されることになっています。皆さんが海外旅行でよく行かれる国については、大体この67の国・地域に含まれています。

ちなみに、日本人がビザなしで旅行できる国は155か国です。「国の信用度」や「国同士の関係性」などが影響するそうです。

ですので、一般的な海外旅行の場合には、海外へ行く日本人も、また、日本へ来る外国人もビザを取得する必要はないのです。

 

在留資格

「在留資格」とは、外国人が日本に適法に在留(滞在する)することが出来る資格で、90日以上日本に在留する際には、原則としてこれが必要となります。

ですので一般的な外国人旅行者の場合、「在留資格」認定の必要はありません。

 

在留資格は27種類

現在、在留資格は27種類あり(入国管理局 2016年4月現在)、その資格に応じて日本に滞在可能な期間や、日本国内での活動に関する制限が決められています。

例えば、在留資格の1つに「留学」というものがあります。

これは、留学先が小学校から大学・専門学校までありますので、それによって滞在可能な期間も変わってきます。また、「留学」という性質上、学業に専念することを求められますので、原則的に働くこと(就労)は認められません(日本国内での活動制限)。

話が少し横にそれますが、「ビザを取りたい」「ビザを更新したい」等、日本国内で外国人の方が「ビザ」という言葉を使う際、その意味はほぼ100%「在留資格」の事を指しています。

 

就労ビザは存在しない

在留資格には、「就労」というものはありません。「就労ビザ」これも外国人・日本人を問わずよく聞く言葉ですが、このようなビザ(在留資格)は我が国には存在しないのです。

しかし、当然、実際に町には働いている外国人が沢山いるじゃないか、働いている外国人留学生がいるじゃないかと思われるでしょう。

 

次回は、私が以前勤務していた会社で実際に起こった事件を例にして、外国人を雇用する際に陥りやすいトラブルについてお話しさせて頂きます。

The following two tabs change content below.
鵤 直樹

鵤 直樹

代表おうみふたば行政書士事務所
行政書士/国民生活センター消費生活専門相談員/入国管理局申請取次行政書士/著作権相談員/心理カウンセラー(一般財団法人日本免疫カウンセリング協会)

中小零細企業・個人事業主・創業希望の方を支援いたします

もし、あなたが

・事業の業績が思わしくない…
・銀行からお金を借りたい…
・計画書や資金繰り表が作れない…
・独立したいけどやり方がわからない…
・身近に相談する相手がいない…

などに関する事でお困りならば、まずは無料相談を

経営コンサルタント唯一の国家資格である中小企業診断士であり、国が認めた認定経営革新等支援機関である当事務所がサポートいたします。

無料相談・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは

050-7127-1362

メールでのお問い合わせはこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
鵤 直樹
行政書士/国民生活センター消費生活専門相談員/入国管理局申請取次行政書士/著作権相談員/心理カウンセラー(一般財団法人日本免疫カウンセリング協会)

Copyright© 資金繰り・経営改善・借入の相談所 , 2017 All Rights Reserved.